副業というよりは趣味感覚

趣味感覚私は、趣味でいろんな写真を撮っているのですが、ただ写真を撮るだけでなく、撮った写真を販売する副業もしているのです。
販売とは言っても、写真をプリントアウトして、それを露店に出して売っているわけではありません。

撮った写真は、写真を販売できるサイトに掲載するのです。
そして、そのサイトに訪問した人が、欲しい写真があればそれを購入するわけです。

ですから、もし誰かが私の写真を欲しいと思ってくれれば、写真を買ってくれるかもしれないのです。
写真が売れれば、手数料を差し引いた金額が、自分の利益になるわけです。

もっとも、あくまでも趣味の延長というような感じでやっているので、決して副業という感覚はありません。
稼げる金額も、月に1万円を超えればいい方なので、本当にちょっとしたお小遣い稼ぎなのです。

ただ、趣味でお金を稼げるのは本当に楽しいことですし、写真が売れた時の喜びは金額以上のものがあります。
ちなみに、私が撮影した写真は、ホームページであったり、商品のロゴなど、いろんなツールに利用されるのです。

人によっては、月に何万円も稼いでいる人もいるそうで、月収10万円オーバーの人もいるぐらいです。
ですから、その気になれば相当稼げる副業でもあるので、チャレンジしてみたい人はやってみる価値はあると思います。

ただ、私は何度も言うように、写真撮影はあくまでも趣味ですから、それを仕事にするつもりは全くありませんし、今のままでも十分満足しています。

もっとも、より多くの人に写真を見てもらいたいことも事実なので、これからはさらにいろんなジャンルの写真を撮影していこうと思っています。

どんな写真が売れる傾向にあるのか

写真自分が撮影した写真を、ストックフォトに登録をすれば、誰かがそれを買ってくれるかもしれないのです。
趣味の延長としてちょっとしたお小遣い稼ぎに利用している人もいれば、それでガッツリと稼いでいる人もいるのです。

ただ、当然ですがどんな写真でも売れるというわけではなく、あくまでも購入者が「買いたい」と思う写真でないと売れないのです。
では、どんな写真が売れる傾向にあるのでしょうか。

1つは、やはり綺麗で見栄えの良い写真は、全体的に売れる傾向にあります。
同じような写真でも、より綺麗に見える写真の方が、購入者の購買意欲をそそるわけです。

もう1つは、稀少性の高い写真です。
なかなか撮れないような写真や、撮影するのに苦労するような写真は、それだけ価値も高くなるので、売れやすくなるわけです。

ですから、ストックフォトである程度稼ぎたいと思うなら、そのどちらかの写真を積極的に撮ることが必要になるのです。
年中いろんなところを旅している人や、なかなか気軽には行けない場所に訪れているような人は、まさにストックフォトで稼ぐチャンスだと言えるのです。

また、できるだけ写真のジャンルやテーマは、統一した方がいいかと思われます。
やはり、テーマが統一している方が、それだけまとめて購入してくれる可能性も高くなるので、より多く売れるかもしれないのです。

いずれにしても、まずはストックフォトを覗いてみて、どんな写真が登録されているのか、どんなジャンルの写真が多いのかなど、じっくりと観察してみるようにしましょう。

その上で、自分も一度ストックフォトに登録をしてみて、傾向を把握するのがいいでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.